すき焼きの作り方・割り下でおいしくなるポイント

すき焼き作り方・割り下

すき焼きの作り方で割り下次第でおいしくなるポイントを紹介!

 

すき焼きって本当に美味しいですよね!日本人なら誰でも好きなメニューじゃないでしょうか?

 

先日うちに外国のお客様がお泊りになったのだけど、松坂牛のすき焼きをしました。
暑いので、エアコン入れてすき焼き♪も結構良かったですよ!

 

アメリカ人の彼はまだ21歳で、すき焼きのような柔らかいお肉を食べるのが初めてだったようで大感動されましたよ!
因みにアメリカでメジャーな牛肉って何か聞いてみました!

 

Good beef is from washington,motana,uta,texas.
ということです^^

 

神戸ビーフはアメリカで有名だけど、価格が高くて手が出ないそうです!

 

=アメリカ人も喜んだ松坂牛のすき焼きの作り方=

※材料 ( 4 人分 )※
関西風すき焼き(関東の人も気に入るレシピ)
牛肉(薄切り・すき焼き用)・600〜700g
糸コンニャク・大1袋
焼き豆腐・1丁
玉ネギ・1個
白ネギ・2本
菊菜1わ
エノキ・1袋
シイタケ・4枚
うどん・1〜2玉またはご飯

 

※調味料※
酒・適量
しょうゆ・適量
砂糖適量(我が家は多匙3杯)
七味唐辛子・少々
卵・4〜8個
牛脂・適量

 

※下準備※
牛肉は半分の長さに切り、食べる直前まで冷やしておく。
糸コンニャクはたっぷりの熱湯でサッとゆでてザルに上げる。
粗熱が取れたら食べやすい長さにザク切りにする。
焼き豆腐は8等分に切る。
玉ネギは皮をむいて縦半分に切り、更に横1cm幅に切る。
白ネギ、1cm幅の斜め切りにする。
菊菜は根元からちぎり、長さを揃えておく。
エノキは袋ごと根元を切り落とし、袋に直接水を入れて軽くもむ様に洗い、水気を切って小分けにする。

 

<作り方>
1.すき焼き鍋(鉄鍋)を火にかけ、牛脂を入れて脂をなじませる。最初に牛肉を人数分広げて入れ、手早く砂糖、酒、しょうゆ、七味唐辛子を適量加えて焼きます。
2.肉を返して焼き色が付いたら、各自のとり鉢に入れ、溶き卵をつけていただく。
3.次に玉ねぎ、やねぎを加えて残りのお肉も入れ、他の具を加えて、お好みで味をみながら<調味料>を加える。
4.煮えた物から順に溶き卵をつけていただくか、全体が煮えるまで待っていただく。
5.具を食べてしまったあとの締めとして、水で少し煮汁を薄めて、うどん玉またはご飯を加え煮込んで取り分ける(ご飯のときはとき卵を加えておじやにする)。

 

<ポイント!>
すき焼きには水を使わず、水分はすべてお酒にすること!玉ねぎは甘みを増すのでやってみると驚くほどおいしいことに気づきますよ。
先に甘辛く焼く肉は、初めの1回きりの美味しさなので、おすすめ!抵抗がある人は最後まで煮てもOK。
松坂牛のように柔らかい高級なお肉は先に半分くらい食べて味わっちゃいましょうー♪

 

すき焼きに松阪牛お取り寄せ